projects

アスリート紹介

野村 忠宏

Tadahiro Nomura

所属:ミキハウス
医学博士
東京2020聖火リレー公式アンバサダー

1996年アトランタオリンピック、2000年シドニーオリンピックで2連覇を達成。2年のブランクを経てアテネオリンピック代表権を獲得し、2004年アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成する。

2015年8月29日、全日本実業柔道個人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。国内外にて、柔道の普及活動を展開。また、テレビでのキャスターやコメンテイターとしても活躍。自身の柔道経験を元に講演活動も多数行い、全国を飛び回っている。

  • sns
  • sns
  • sns

主な大会実績

    【オリンピック】

  • 1996年 アトランタ 優勝
  • 2000年 シドニー 優勝(2連覇)
  • 2004年 アテネ 優勝(3連覇)

    【世界選手権】

  • 1997年 パリ 優勝
  • 2003年 大阪 3位

    【その他国際大会】

  • 1995年 ドイツ国際 優勝
  • 1996年 チェコ国際 優勝
  • 1996年 嘉納杯国際 優勝
  • 1997年 ロシア国際 優勝
  • 2000年 フランス国際 優勝
  • 2003年 トレトリ国際 優勝
  • 2004年 フランス国際 優勝
  • 2006年 チェコ国際 優勝
  • 2010年 ワールドカップ(モンゴル) 2位
  • 2013年 SWISS JUDO OPEN 優勝
大会実績をすべて見る

阿部 一二三

Hifumi Abe

所属:日本体育大学

中学校2年生の時に、全国中学校柔道大会55kg級で優勝、3年生の時には60kg級に出場してオール一本勝ちで2階級制覇を達成。更にアジアユースでも優勝。高校1年の時には全日本カデで優勝。全国高校選手権は73kg級で優勝。高校2年になると、4月の全日本カデで2連覇、8月のインターハイでは6試合全てを一本勝ちして優勝。

ユースオリンピックでもオール一本勝ちで優勝し、9月の全日本ジュニアでも優勝。11月の講道館杯では、10年ぶり4人目の高校生での優勝を成し遂げ、高校2年での優勝は史上初。12月のグランドスラム東京大会では、男子では史上最年少となる17歳3ヶ月にしてグランドスラム大会を制覇。高校3年生では、JOCからネクストシンボルアスリートに選ばれる。8月のインターハイでは昨年に続いて6試合全てを2分以内で一本勝ちして2連覇を達成。

その後、日本体育大学に進学し、2017年世界選手権にて金メダルを獲得。東京2020では、金メダル獲得を目指している。

主な大会実績

    【世界選手権】

  • 2017年 ブダペスト 優勝
  • 2018年 バクー 優勝(2連覇)

    【グランドスラム】

  • 2014年 東京 優勝(史上最年少)
  • 2016年 チュメニ 優勝
  • 2016年 東京 優勝
  • 2017年 パリ 優勝
  • 2017年 東京 優勝
  • 2018年 エカテリンブルグ 優勝

    【世界ジュニア】

  • 2014年 フォートローダーデール 2位

    【その他国際大会】

  • 2012年 アジアユース(台北) 優勝
  • 2013年 世界カデ(マイアミ) 2位
  • 2014年 ユースオリンピック(南京) 優勝
大会実績をすべて見る

阿部 詩

Uta Abe

所属:日本体育大学

中学校3年生の時に、全国中学校柔道大会で初優勝。
2016年に夙川学院高校に進学し、1年生の時には4月の全日本カデで優勝。12月には初のシニアの国際大会であるグランドスラム・東京に出場すると、史上最年少の16歳141日で決勝まで進む。2017年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは優勝を飾り、IJFワールド柔道ツアーを史上最年少の16歳225日で制した。3月の全国高校選手権個人戦では優勝し、団体戦では全試合に勝利してチームを優勝に導いて最優秀選手に選出された。

高校2年生では、インターハイ個人戦ではオール一本勝ちで優勝。その後の世界ジュニア、11月の講道館杯では今大会初優勝を飾った。2月のグランドスラム・東京では、66kg級で優勝した兄の一二三選手との兄妹優勝を果たした。

2018年2月のグランドスラム・パリでは、オール一本勝ちして優勝を飾った。
高校3年生では、世界選手権代表に初選出され、兄妹での同時出場は史上初となる。5月のグランプリ・フフホトでは、オール一本勝ちで優勝。
6月にはJOCのネクストシンボルアスリートに選ばれた。9月の世界選手権5試合オール一本勝ちで初優勝。

主な大会実績

    【世界選手権】

  • 2018年 バクー 優勝

    【グランドスラム】

  • 2016年 東京 2位
  • 2017年 東京 優勝
  • 2018年 パリ 優勝

    【グランプリ】

  • 2017年 ドュッセルドルフ 優勝
  • 2018年 フフホト 優勝

    【世界ジュニア】

  • 2017年 ザクレブ 優勝
大会実績をすべて見る